トップ ペット霊園・葬儀ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




ペット霊園・葬儀ナビペットの葬儀と埋葬 > 納骨・埋葬の種類

納骨・埋葬の種類

納骨・埋葬の種類の画像

ペット霊園で火葬されたペットのお骨は壺に入れられて、一旦納骨堂におさめられるのが一般的です。
そのあとは、それぞれ飼い主のやり方で違うようです。
家の祭壇にずっと置いておく人や自宅の庭に埋葬する人もいます。
土葬するよりも、骨壷に入っているお骨を埋葬するのでスペースをとることもありません。
そのときに墓碑を立ててもいいでしょう。

最近では、マンションなどの集合住宅でペットを飼う人も増えてきました。
そういう人は自宅の庭に埋葬することはできませんから、ペット霊園の墓地か納骨堂におさめることになります。
納骨堂におさめる場合、合同納骨と個別納骨とがあります。
また、永代納骨を希望する人も最近は増えているそうです。
合同火葬した場合では、合同に埋葬されますから、他のペットとともに供養塔に埋葬されることになります。
ペットが亡くなってしまったら、悲しみのあまりいろいろなことは考えられないかもしれませんが、納得のいく葬儀を行いたいなら、どんな葬儀にしたいのか考えておきましょう。

ペット専門の葬儀社や霊園に申し込む際に、葬儀の形態を相談しておきましょう。
だいたい、「一任葬」「個別葬」「立会葬」「合同葬」とに大きく分けることができます。
その中で自分はどのように送り出してあげたいのか選んであげてください。
ほかにも僧侶にきてもらいお経をあげてもらえる葬儀を行うところもあります。
また、家族葬をあげたい人もいるでしょう。

最近ではペット霊園を利用する人が増えたためか、火葬を希望する人が増えてきました。
ペット霊園でも土葬を行ってくれるところもあります。
もしも、土葬を希望するなら、土葬も扱っているペット霊園を選ぶようにしましょう。
どのような形態にするにせよ、飼い主の希望の葬儀が行えるよう、希望はしっかりと伝えて、分らないことは確認するようにしましょう。


スポンサードリンク
ペット霊園・葬儀ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。