トップ ペット霊園・葬儀ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




ペット霊園・葬儀ナビペットの埋葬・供養 > どんなペットが葬儀をするのか

どんなペットが葬儀をするのか

どんなペットが葬儀をするのかの画像

最近、利用者が増加しているペット霊園。
代表的な動物は犬や猫ですが、ほかにもウサギやフェレット、鳥、モルモットなどいろいろな種類のペットが葬儀を行っているそうです。
ただ、霊園によっては、受け付けていないペットもありますから、ペットとしては珍しい動物は確認しておくといいでしょう。
とくに、豚や馬、牛、山羊、羊は「死亡獣畜取扱場」という都道府県知事の許可の下りた場所でしか火葬や埋葬はできないきまりです。

それはなぜかというと、豚や牛などの動物は、商品として流通しているものですので、個人で勝手に行えないよう法律で規制しているのです。
ですから、上記の動物を火葬したり埋葬したい場合は、「死亡獣畜取扱場」の許可が下りたペット霊園のみで扱ってもらいます。
もしも、許可の下りた霊園を探したいときには、都道府県庁に問い合わせれば教えてくれますよ。

ペットの存在というのは、ただかわいいというだけでなく、家族の一員であり、自分の分身のように感じている人もいることでしょう。
そのペットが死んでしまうことは、飼い主の心に大きな悲しみをもたらすのでしょう。
それは人によって、悲しみや苦しみの感じ方は違いますが、火葬し供養することで、ペットの死を受け入れられていくのです。
ペットの葬儀とは、ペット自身のためというよりも、残された飼い主や家族のために行われる意味もあるのではないでしょうか。

ペットは家族同然とはいえ、ペットを連れてはいけない場所はあります。
そういうときはペットホテルなどを利用する人もいるでしょう。
ただ、ペットによっては、馴染みのないホテルを嫌がるペットも多いようです。
そういうときには、ペットシッターを利用するようです。
ベビーシッターと同じく、お留守番しているペットのお世話にしてくれます。
このように、ペットの環境は人間と同じものがたくさんでてきて、それが亡くなったあとの葬儀も同じようになったのでしょう。


スポンサードリンク
ペット霊園・葬儀ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。