トップ ペット霊園・葬儀ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




ペット霊園・葬儀ナビペットの埋葬・供養 > ペット葬儀の背景

ペット葬儀の背景

ペット葬儀の背景の画像

最近のペットブームはすごいですね。
ペットを飼う人も右肩上がりに増えているようですし、ペットの種類も多様になってきました。
一般的な犬や猫だけでなく、爬虫類などマニア向けのペットまでさまざまです。
犬や猫などのペットは、単なるペットというだけでなく、「コンパニオン・アニマル(伴侶動物)」なんて呼ばれるそうですよ。
こんなに家族同然のペットですから、亡くなったときは人間と同じように弔ってあげたい気持ちになるのは当然のことでしょう。

昔でしたら、ペットが亡くなっても、自宅の庭に埋めたり、自治体に引き取ってもらっていました。
ですが、集合住宅でペットを飼う人が増えたこともあり、庭に埋めることもできません。
また、自治体ではゴミ扱いで処分されることを心苦しく感じる飼い主も増え、ペット霊園を利用する人が増えてきたようです。
ペットときちんとした形でお別れをしたい、弔ってあげたい、という気持ちをもつ飼い主が増えてきたのです。

ペットの葬儀といっても、いくつかの種類があります。
お寺が運営しているところでは、お経をあげてくれるところもあります。
宗派にこだわらない葬儀をあげてくれるところもあります。
合同火葬のほかにも、割高にはなりますが、個別に火葬してくれるところもあります。
個別火葬にするとお骨を拾うこともできます。
ただ、順番待ちになりますから、混んでいるときは、持ち込みと同時に火葬してもらうことは難しいでしょう。

葬儀後、ペット専用のお墓に入れる人も増えてきました。
ペットを本当の家族のように、亡くなったあとも供養し続けます。
昔もペットを可愛がっていた人はいましたが、最近ではより一層、人間並みに接しているようです。
そういう時代の流れから、ペット専門の葬儀会社や霊園、お寺なども出てきたのでしょう。
なかには、ペット専用の仏壇や散骨、遺骨加工のサービスなどもあるようですよ。


スポンサードリンク
ペット霊園・葬儀ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。