トップ ペット霊園・葬儀ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




ペット霊園・葬儀ナビペットの埋葬・供養 > ペット霊園の現状

ペット霊園の現状

ペット霊園の現状の画像

日本では、少子高齢化の影響でペットを飼う人がどんどん増えているようです。
お年寄りから一人暮らしの若者までペットの需要は高まっています。
ペットビジネスもそれに伴って拡大しており、現在では一兆円規模とも言われています。
ペット霊園も昨今のペットブームで注目を浴びていますが、日本では昔から動物を弔う習慣はありました。
たとえば、江戸時代に徳川家の愛馬を弔った回向院などがありますね。
昔はお寺で動物の葬儀を行っていたそうです。
最近はいろんな業者がペット霊園を始めていますね。

土地開発業者が始めるケースも少なくないそうです。
また、石材店や動物病院もペット霊園に参入しているとか。
都市部ではとくにペット霊園が増えてきて、サービス内容も多様になっています。
なかには出張火葬サービスや僧侶を派遣してくれるところもあります。
料金は各霊園で異なりますからホームページで確認するなどして調べておきましょう。

ペット霊園では火葬して埋葬してくれるところがほとんどなので、昔ながらにペットをそのまま土葬する方法は少なくなってきました。
なかには移動火葬車を用意しているところもあるようで、ペット霊園までペットを連れて行かなくても、自宅で火葬してくれます。
火葬し、納骨なり埋葬することで、残された家族の悲しみや寂しさも少しは癒されるのではないでしょうか。
立ち直るのは時間のかかることですが、そのお手伝いをペット霊園が少しでも助けてくれるでしょう。

広い土地があるならまだしも、自宅の普通の広さの庭に穴を掘り、ペットを埋葬するのは大変なことです。
できれば、火葬してお骨にしてもらうほうが現実的なのではないでしょうか。
特に最近では、マンションなどの集合住宅でペットを飼う人も少なくなりません。
そのような人は、土葬する場所もないでしょうから、ペット霊園や火葬社にお願いした方がいいでしょう。
そういう背景も含めて、ペット霊園は増えているようです。


スポンサードリンク
ペット霊園・葬儀ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。