トップ ペット霊園・葬儀ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




ペット霊園・葬儀ナビペットの埋葬・供養 > ペットの土葬

ペットの土葬

ペットの土葬の画像

ペットを土葬することは、昔から行われていたことで、一番お金のかからない方法ですね。
もちろん、公園などの公共の場所や他人の土地に埋宋するのはいけないことですが、自分の家の庭に埋葬することは何の問題もありません。
そこにお墓も建てられますから、常に家族の目につくところにいるわけです。
家族に見守られているペットも安心するかもしれません。
庭の土を掘り、穴の中に遺体を寝かせて、土中に埋めるのが土葬のやり方です。

この土葬は、比較的小さめのペットが亡くなったときや、自分所有の土地に埋めるだけのスペースがある場合に用いられる方法ですね。
飼い主の所有地でないと法律違反になります。
亡くなったペットの大きさに合わせて掘るわけですが、大きくなればなるほど深く掘る必要があります。
もしも、体に対して穴が浅すぎたり狭すぎたりしたら、臭いが残ったり、他の動物に掘り返されてしまう可能性もあるので注意してください。

家族同然の暮らしをしてきたペットだからこそ、心おきなく見送りたいと願っている人は多いと思います。
土葬であっても、きちんと埋葬してあげて、供養してあげるだけで、亡くなったペットも喜んでいるのではないでしょうか。
自宅にペットを埋葬するだけのスペースがない人には、ペット霊園の納骨堂やお墓、供養塔を利用する方法もあります。

確かに現代では、広い庭を持っている家は少なくなり、マンションなどの集合住宅に住んでいる人が増えてきました。
自分所有の土地でないと埋葬することは禁じられていますから、公園や河原などももってのほかです。
それらを考えても自宅近くに置いておきたいと思うのならば、ペット霊園で火葬だけお願いし、お骨を自宅の庭やベランダに埋葬してあげてはいかがでしょうか。
火葬すれば部屋に置くことも可能です。
いつまでも側に置いておくことができますよ。


スポンサードリンク
ペット霊園・葬儀ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。