トップ ペット霊園・葬儀ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




ペット霊園・葬儀ナビペット霊園について > ペット霊園事情

ペット霊園事情

ペット霊園事情の画像

近年利用者が増えてきたペット霊園ですが、葬儀費用はさまざまです。
ペットと一口に言っても、大きさや種類もいろいろでしょう。
人間の場合は、祭壇や飾り物のランク、香典返し、お通夜の食事の種類などで料金が決まる場合が多いのですが、ペットの場合は大きさで料金が決まります。
人間の大小と違って、ハムスターのような小さなペットから何十キロもある大型犬もいますから、大きさに幅があります。
埋葬場所も小さいペットには、ほんのちょっとの場所で大丈夫ですが、大きなペットにはそれだけの場所も必要になります。

個別火葬を行っているペット霊園では、火葬したあとで遺骨を引き取ることができるので、自分のペットを確認することができます。
火葬が多いときは時間はかかりますが、きちんと埋葬してあげるためにも、時間がかかっても個別に火葬してもらう方が安心かもしれません。
ペットも安心なのではないでしょうか。

今は、ペットの葬儀会社が増えていますから、インターネットで検索したり、電話帳で探すだけでもたくさん見つかります。
競合する会社がたくさんありますから、各種サービスも充実しています。
写真プレートや思い出アルバムも用意したりと、各社とも飼い主のニーズに応えようと努力しています。
ただ火葬するだけでなく、セレモニー付きの火葬プランを設けたり、ペットロスに配慮してあるプランもあります。

今までのペットが死んだら「処理する」という意識から、「葬儀をあげる」という意識に変わってきているのです。
火葬技術も進化して、火力を調節することでミドリガメやハムスターなどの小動物のお骨も残して火葬することができるそうです。
ただ、ペット霊園の中には、納骨を最初から前提としている場合もあるそうで、納骨を希望していないときは確認しておきましょう。
供養料として、半自動的に別に費用がかかる場合もあるようです。
知らないうちに費用が加算されないように、火葬後のことも確認を忘れずに行いましょう。


スポンサードリンク
ペット霊園・葬儀ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。