トップ ペット霊園・葬儀ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




ペット霊園・葬儀ナビペット霊園について > ペット霊園のサービス内容

ペット霊園のサービス内容

ペット霊園のサービス内容の画像

最近ではペット霊園を利用する人が増えてきました。
ペット霊園は大きく葬儀、火葬・納骨、埋葬・供養と分けることができます。
人間の葬儀と同じように、火葬場や告知会場、葬儀や法要場、納骨堂や慰霊碑設置場、墓地などが備わっています。
ただ、ペット霊園によっては、火葬のみ行うところや納骨まで行うところ、墓地や慰霊碑設置があるところまでとさまざまです。
動物は亡くなった直後から腐敗が始まるので、早めにペット霊園に連絡をして、火葬してもらうようにしましょう。

また、お通夜を行えるところもあります。
ペット霊園では、納骨の仕方もいろいろな方法を用意してありますので、遺骨を納骨堂におさめてもらったり、墓地に埋葬してもらうなど、希望のやり方で供養してあげましょう。
生前のペットのイメージで墓碑や納骨堂を作ってくれるところもあります。
どのペット霊園も残された家族が暗くならないように明るいイメージになっています。
ホームページで墓地などを公開しているところもありますから、事前に確認しておくといいですね。

日本ではペットを飼う人が増えています。
それは、少子高齢化も影響しているかもしれません。
お年寄りや一人暮らしの家で飼われているペットも増えているようです。
子どものように、家族のように可愛がられるペットたち。
そのペットの最期をお世話するペット霊園も需要が高まっています。
ペット霊園も含んだ日本のペットビジネスは1兆円規模にも上ると言われています。

日本では昔から動物を弔う歴史がありました。
江戸時代には、徳川家の愛馬を弔ったとされる回向院などもありますしね。
昔は動物が亡くなれば、お寺で葬儀を行っていたそうです。
最近では、土地開発業者や石材店や動物病院などがペット霊園を経営しているところもあるとか。
とくに都心部では、いろいろな業者が参入していて、サービスも豊富になりつつあります。
出張火葬サービスや僧侶を派遣してくれたりするなど。
サービスもさまざまですから、各ペット霊園に問い合わせてみてみましょう。
料金なども各霊園によって違いますから確認しておきましょう。


スポンサードリンク
ペット霊園・葬儀ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。