トップ ペット霊園・葬儀ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




ペット霊園・葬儀ナビペットの死と向き合う > ペットが終末期を迎えるとき

ペットが終末期を迎えるとき

ペットが終末期を迎えるときの画像

家族同様に暮らしていたペットが亡くなってしまったら……。
深い悲しみを感じるのは当然のことですよね。
昔は、重い病気にかかってしまったペットは、すぐに亡くなってしまうことがほとんどだったようで、残された余命を送ることはあまりありませんでした。
今では、治療によって延命できるようにはなりました。
しかし、それでも死はやってきます。
死が避けられないということを受け入れ、気持の整理をすること。
それが、死を覚悟するということなのです。

人間の場合、死期や終末期を迎えると、拒絶や怒り、鬱を経て、死を受容していきます。
深い悲しみを感じることも普通のことです。
ペットの死も家族や周りの人間にとっては、同じ感情を抱くようです。
別れが近づいていることによって、感情をコントロールできなくなり、拒絶してしまったり。
不公平感を感じることで怒りがわき、鬱が生じ、最後に現実を受容していく。
この受容ができないまま、ペットが亡くなってしまうと、ペットロスに陥ってしまうようです。

ペットロスになってしまうと、今まで過ごしてきたペットとの楽しかった日々が思い出され、その思い出に押しつぶされてしまうかもしれません。
その気持ちは、大切な家族を失った人にしか分らないでしょう。
これからのことを考えれば、途方に暮れてしまうかもしれませんね。
大切な家族の一員のペットです。
一緒に過ごしてきた日々は、とても大切な意味のある時間だったのです。

けれど、いつまでもその時間を悲しんでいてもツライだけです。
ペットの旅立ちを、あなた自身が見送ってあげないと、前には進めません。
悲しみから目をそらさないで、その死を受け入れていくことからはじめてみませんか。
それが、ペットロスを乗り越える方法です。
人間も含めて、生あるものは、いつか死が訪れます。
この死は、あなたに何かを残してくれてはいませんか。
心を落ち着かせて、亡くなったペットのことを思い出してください。
そして、静かに弔ってあげましょう。


スポンサードリンク
ペット霊園・葬儀ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。